iSWAB(アイスワブ)RNA
(製品番号: ISR2-T-1200)

RNAの安定性を維持し、分解しないようにすることは大きな課題でしたが、iSWAB RNAは、こうした課題を解決することを可能にしました。

採取した検体は4週間常温保存が可能で、冷蔵や冷凍輸送の必要もありません。リアルタイムでトータルRNAを安定化させることができます。

口内から採取した細胞や哺乳類の細胞から、クオリティの高いRNAが抽出でき、RT-PCR、マイクロアレイ、RNAシーケンスなどの解析が可能です。

ISR2_T-1200_Front-R.png
ISR2-T-1200_Side-R.png

特許取得のコンパクトな容器 (米国特許番号9,138,205)

​倒れても、溶液がこぼれにくい設計

サイズ: ⻑さ4.9cm, キャップの幅1.2cm, 底の幅9mm

バーコード、QRコード付

​製品の特徴

•採血から得られるRNAに代替しうる、クオリティの高いRNA抽出が可能で、RT-PCR、マイクロアレイ、RNAシーケンスなどの遺伝子発現解析のためのダウンストリームアプリケーションに適しています。

•アルコールや危険物質が入っていない溶液を使用しているので、検体採取前の輸送や保管も安全です。

•輸送や保存に、保冷剤や冷蔵設備が不要でコストを削減できます。

•滅菌スワブで、人や動物の口内から簡単に検体を採取できます。口内の同じ場所から、4本のスワブを使って採取します。

•スワブの推奨直径は4mm以下です。

•バクテリアやウイルス、菌類の活動を抑えます(不活性化)。

•採取後4週間、常温保存可能です。

•時間がかかる遠方からも常温輸送が可能です。

 

•品質保持期間: 18ヶ月

•溶液量1.0ml

•スワブ使用数: 4本

データシート (英語)

使用方法 (英文)

SDS安全性データシート (英語)