マウイDNAテクノロジーについて

マウイDNAは、シリコンバレーに本社を構え、検体を常温長期安定保存する溶液が入った容器(iSWAB:アイスワブ)を開発・製造販売している会社です。

movie
動画を再生

ゲノム検査の最初のステップにおいて、バクテリアのコンタミネーションを防ぎ、クオリティの高い検査サンプルを採取することは、エラー発生率や検査時間を軽減する上で重要です。また 、チューブやピペットティップなどプラスチックの使用量や、廃棄処理に伴う費用も減らせます。iSWABは、検体の品質を高度に保ち、効率よく精度の高い検査を可能にします。